Dr.Blog

初診の方はこちら
再診の方はこちら
tel_sp.png
tel02_sp.png
メールでのお問い合わせ

2013.12.13更新


こんにちは^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですnote


今回は総義歯シリーズ最終回、人工歯についてです。


通常の人工歯は、プラスティックでできています。
この人工歯は見た目はきれいですが、使っていくうちに段々と摩耗していきます。

そうなると、歯が平らになっていきますので、食べ物が噛みずらくなってきます。
包丁に例えれば、研いでない刃の状態になります。
研いでない刃で、なにか切ろうとしても力がいりますよね?
過剰な力が加わることにより、義歯の場合は歯肉に負担がかかりますので、歯肉の高さが段々と吸収してなくなっていきます。
その結果として、歯肉と義歯に隙間ができますので、食べ物が挟まったり、歯肉に傷ができて痛みがでたり、ゆるくなったりしてきますdespair

こういったことはなるべく防ぎたいですよね?

できるだけ長期に義歯を使用していくには、包丁でいう研いだ刃が必要となります。

そこで、見た目は少々よろしくないですがsweat02、ブレードティースと呼ばれるものを使用することにより、長期にわたり使用できる義歯をつくることができます。
しかも、鋭い刃をもっているので、なんでも噛めます。イカやタコの刺身のような弾力性のあるようなものでもですup

保険適用外になりますので、ご興味ありましたら、当院スタッフまでお気軽におたずねください。






投稿者: みやぎ歯科医院

歯医者ガイドバイオリン教室金子広明建築計画事務所
初診の方再診の方
メールでのお問い合わせ 初診の方 再診の方