Dr.Blog

初診の方はこちら
再診の方はこちら
tel_sp.png
tel02_sp.png
メールでのお問い合わせ

2014.10.16更新

こんにちは^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですnote

ずいぶんと寒くなってきましたね~

皆さん風邪などひかれていませんか?

体調管理には十分ご留意くださいpaper

さて、今回のテーマは歯石です

歯石とってたほうがいいですよ~っと病院でよくお聞きになると思います。

なぜとったほうがいいのかという疑問にお答えします。

まず歯石とは・・・?

歯石とは、歯に付着したプラーク(食べかすと細菌が混ざったもの)が石灰化したものです。

石灰化とは、唾液に含まれるミネラル(カルシウムやリン)によって、固まってしまうことです。

つまり、ばい菌の塊と捉えていただくとよいと思います。

なぜとらないといけないのでしょう・・・?

歯石は毒素をだします。この毒素が、歯の周りの組織(歯茎、骨)を壊します。

歯石を取り除くことにより、歯周病の進行を防ぐことができます。

歯周病の怖いところは、糖尿病などと同じで、痛みなく進行していくところです

基本的には歯科医院で、歯周病の検査をしなければわかりません。

ぜひ、定期的な検診をおすすめします。

いつまでも、自分の歯で楽しい食生活を送りましょう~~~up

ではではconfident











投稿者: みやぎ歯科医院

歯医者ガイドバイオリン教室金子広明建築計画事務所
初診の方再診の方
メールでのお問い合わせ 初診の方 再診の方