Dr.Blog

初診の方はこちら
再診の方はこちら
tel02_sp.png
メールでのお問い合わせ

2016.11.07更新

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: みやぎ歯科医院

2016.10.28更新

こんにちは^^

八幡東区のある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですhappy01

昨日はお休みをいただき、小児の矯正について勉強してきました。

主にT4Kという装置についての話でした。実は以前も使用していたことがあったのですが、最近使用していませんでした。

装置そのものの問題というより、自分自身がうまく使いこなせていないという思いがあったため、今回勉強会に参加しました。

この装置は口呼吸等軟組織の機能改善を目的としたものであり、歯並びをよくする目的で使用するものではありません。

結果的に歯並びは改善しますがhappy02

詳しくは割愛しますが、口呼吸⇒鼻疾患⇒歯並びが悪くなるという流れを治してしまおうという装置です。

これに大きく関連するのが、舌機能、位置です。

この装置と舌のトレーニングをすることで正しい舌の機能と鼻呼吸を取り戻すことができます。

そうすると、ただしい筋肉の動きにより自然と歯並びがよくなっていくのですgood

口呼吸は万病のもとです。今回の勉強会では、あいうべ体操の発案者である今井先生も飛び入り参加されて、口呼吸を治せば病気にならない、健康は呼吸で決まると、あつく語っておられました。

鼻呼吸を取り戻し、健康になりましょうw


投稿者: みやぎ歯科医院

2016.10.11更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですhappy01

気温がずいぶん下がってきました。体調管理には十分お気をつけください。

今回は、先週4日間お休みをいただいて、大阪で参加してきた矯正の講習会のお話です。

さすがに4日間は合宿の様で大変つかれましたが、実りある時間を過ごすことができました。

4日間連続で飲み会をしていたこともありますが・・・coldsweats01

現在は、矯正の材料も昔と比べるとずいぶん進化したため、色々な方法論があります。

そこでやはり、患者さんにとって一番効果があり、なおかつ負担が少ない方法を追求していくわけです。

もちろん、矛盾をかかえている点も多いので、悩みはつきませんw

なかには、ちょっとこれは効果あるの?といったようなものもあります、残念ながらcoldsweats01

ですから、騙されないように(笑)理論武装していくわけですけど、今回習ったLAS矯正は本当によかったですfull

いままで行ってきた矯正治療のアップグレード版みたいな感じです。

患者さんのメリットとしては、もちろんちゃんと治る(意外と治らない矯正法も多いんですよね・・・)、治療期間と、現在どのように治療が経過しているのかがわかるなど、視覚化して情報を伝えれれることが挙げられます。

ただ、取り入れるにはすこし設備投資をしないといけないので、また借金が増えてしまうsweat01

でも自分の理想にむかって邁進するためには、費用をおしんではいけませんね(きっとw)。

矯正にご興味がある方は、ぜひやってみてください!自信をもっておすすめできますscissors

image1image2

 




投稿者: みやぎ歯科医院

2016.09.26更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですsun

昨日は、東京で勉強会に参加してきましたflag

日帰りの強行日程でしたが、それだけの価値があるものでしたのでw

内容はCAMBRAをいかに臨床でうまく使うか?というものでした。

CAMBRAとは、以前のブログで紹介しましたが、アメリカで普及している予防システムのことです。

当院ではCAMBRAを使用して虫歯ゼロを目指していますが、色々と再確認できたことが多くて大変実りある勉強会でした。

虫歯をなくすということは可能なのですが、やはりそこには患者さんの日頃のお手入れが重要になります。

いかに医療側が正しい情報を提供し、患者さんに理解してもらえるか?

うまく伝えられるよう努力したいと思います。

皆さん、虫歯ゼロをめざして頑張りましょう~




投稿者: みやぎ歯科医院

2016.09.20更新

こんにちは^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですhappy01

今朝はすごい風でしたね。自宅の自転車も吹っ飛ばされてましたwobbly

幸い北九州は雨が大したことなくてよかったですが、被害に遭われた方々の一刻もはやい復旧を願っていますbearing

さて、昨日は福岡県歯科医師会で西日本矯正学術大会が開催されました。

矯正専門医の先生方に混じって、矯正の勉強です。

専門医の先生と、一般開業医の先生とのそれぞれの視点での検討が活発におこなわれました。

一番感じたのは、成長期の時期に安易に矯正(とくに拡大矯正)をすると、子供の成長に悪影響をおよぼすということです。

その結果、5,6年たっても治らないといった失敗につながる患者さんもいらっしゃいます。

診る目をより高めて、日々の診療にあたらねばrock

今週もよろしくお願いします



投稿者: みやぎ歯科医院

2016.09.10更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですnote

昨日は八幡医師会館で、主に口腔がんに焦点をあてた講習会に参加してきました。

講師は九州歯科大学口腔内科教授の吉岡先生です。

たくさんの事例を紹介していただき、大変参考になりました。

先生が繰り返しおっしゃっていたことは、開業医の早期発見が、患者さんのその後のQOL(生活の質)を左右するということです。

日頃から、歯だけではなく口腔全体を意識して観察はしていますが、改めてその重要性を再確認できました。

日本の口腔がんの死亡率は40%代ですが、アメリカは10%代

これは前述したように、開業医がいかに早期で発見できるかにかかっていると先生はおっしゃっていました。

以前にもまして、身を引き締めて診療にあたりたいと思います。



投稿者: みやぎ歯科医院

2016.08.29更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですnote

昨日は久留米で、福岡県歯科医師会の野球大会がおこなわれました。

なかなか今月は雨が降らず、さすがに雨ふらないかな~っと思っていましたが、なぜよりによって昨日ふりますかねぇweep

雨がふったりやんだりする中、なんとか試合をすることができましたsweat02

南北東西の4地区に分かれてのトーナメント戦です。私の所属は北九州なので北地区になります。

まず第一試合は南地区との試合です。

私は6番レフトで出場しました。序盤3点をリードしましたが、最終回に3点をとられてしまい、そのまま引き分け。

なので、スタメン9人によるじゃんけんで勝敗を決めるというまさかの展開w

私は6番でしたが、直前で2勝3敗で負けていたので意外とドキドキsweat01

結果、グーをだして勝ちました!で、3勝3敗

その後最終戦までもつれこみ、5勝4敗で勝利~dash

私自身は、犠打、三ゴロでしたが、じゃんけんで勝てたのでチームの貢献できてよかったですhappy01

で、決勝戦は西地区。序盤1点を先制したあと土砂降りで、結局コールドゲームにw

4回までしかしてないので消化不良ですが、なんと優勝しました!

個人成績は左安、左安の2安打。2試合通じて、チーム唯一の2安打ですgood

両試合とも運勝ちですねhappy02

優勝したため、今度は県代表で九地連(九州大会)に出場します。

しばらく野球から離れられませんsweat01

診療に影響がでないよう、ほどほどにがんばりますbaseball

投稿者: みやぎ歯科医院

2016.08.19更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城ですnote

なかなか雨が降りませんね。雨は嫌いですが、さすがに降って欲しいw草木がかわいそう(ゴルフコースが心配coldsweats01)。


さて、今月よりカリスクリーンなるものを導入しました。

アメリカでは販売されていましたが、日本でも先月よりようやく販売開始になった、新しい機材です。

これは専門的にはATPサイクルテスト、簡単にいえば、口腔内の細菌の活動性を計測できるものです。

これにより、潜在的に虫歯になりやすい環境を早期に発見できるため、より予防の精度を上げることができます。

また、数値化されて判定されるため、患者さん自身も大変わかりやすいです。

有効活用して、より良い診療につなげていこうと思います。





投稿者: みやぎ歯科医院

2016.08.04更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城です。

いや~、暑いですね・・・。皆さん夏バテしてませんか?

私は、毎週水曜日に野球の朝練を行っているので、すでに真っ黒ですwobbly

さて、昨日は歯科医師会主催のスキルアップ研修会に参加してきました。

今回のテーマは摂食嚥下障害についてです。

人間、噛むことができなければ加速度的に衰えていきます。

私は、この噛むということができるかどうかが、健康におけるターニングポイントであると考えています。

今回はVEやVFといった、嚥下に焦点をあてられた内容が主でした。どうやって訓練で嚥下機能を回復していくかといって支援方法の話も参考になりましたhappy01

ただ私の考えでは、嚥下(物を呑み込む行為)は噛むことによっておこる反射といわれていますので、噛むことができれば、ある程度嚥下機能は回復すると思っています。

噛めないと嚥下することは難しく、誤嚥性肺炎のリスクは上昇します。

とくに高齢者の方は、きちんと噛める入れ歯を作成することが重要です。

よく噛んで、健康を維持しましょう!






投稿者: みやぎ歯科医院

2016.08.01更新

おはようございます^^

八幡東区にある、みやぎ歯科医院院長の宮城です。

昨日は、今年初めてスタッフ全員参加で博多に勉強会にいってきましたpencil

テーマは予防です。予防はスタッフとの情報共有が特に重要となるため、医院全体での参加となりました。

私の医院で取り入れてる予防システムは、アメリカ型を日本向けにアレンジしたものですが、今回はどちらかというとヨーロッパ型の予防システムのお話でした。

といっても、ほとんど違いはありませんが・・・coldsweats01

最新のヨーロッパの歯科事情や、どういうふうにして虫歯から歯を守るか等、非常の有意義な時間を過ごすことができました。

私の医院の目標は、地域の虫歯ゼロと患者さんが自分自身の歯で一生噛めるようにすることです

今回改めて、決して無謀な目標ではないなと感じましたup

歯科で最善の治療はメンテナンスを含めた予防ですgood

とくに1日2回は、必ずフッ素入り歯磨き粉で歯を磨いてくださいね

今週もよろしくお願いします^^






投稿者: みやぎ歯科医院

前へ 前へ
歯医者ガイドバイオリン教室金子広明建築計画事務所
初診の方再診の方
メールでのお問い合わせ 初診の方 再診の方