一般歯科/小児歯科

初診の方はこちら
再診の方はこちら
tel02_sp.png
メールでのお問い合わせ

虫歯治療

抜かない、削らない、痛くない虫歯治療

老若男女問わず多く見られる「虫歯」は、食べカスなどから歯の表面にプラーク(歯垢)が付着することによって細菌が発生し、歯質が溶かされていく病気です。
当院では、できるだけ歯を抜いたり削ったりせず、痛みの少ない治療を心掛けています。

虫歯の原因

糖分

毎日の食事に加えて甘い物をよく食べる、ジュースをよく飲む、夜遅くに食事や飲酒をする習慣がある方は、糖分が原因となってプラーク(歯垢)がつきやすくなります。
できるだけ口の中に糖分をためないように、食後はできるだけ早めに歯磨きをしましょう。

生活習慣

口の中はもともと中性ですが、食べたり飲んだりすると虫歯ができやすい酸性の状態に傾きます。通常、食後は次第に中性に戻るのですが、間食が多かったり、食事と食事の間が空いてないと、口の中が常に酸性になり、虫歯にかかるリスクが増えます。
これを防ぐには、食間を空けた規則正しい食生活を実践するのがおすすめです。

もともとの歯の強さ

同じ生活をしていても、虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。これはもともと持っている歯質の強さによる違いです。
虫歯になりやすいと感じている方は、より注意深くメンテナンスしていくことが大切です。

当院の虫歯治療

患者さまに合った治療プランをご提案

患者さまの状態や、生活リズム、ご希望、ご予算、治療にかかる期間など、さまざまな要素を考慮しながら、患者さまお一人おひとりに合わせた治療プランをご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

できるだけ抜かない、削らない治療

将来に渡って自分の歯を健康に保つためにも、当院ではできるだけ歯を抜かない、削らない治療を心掛けています。
虫歯の進行度合いに応じた適正な処置を行い、創意工夫をもって歯を大切にしながら治療しています。

痛みの少ない治療

痛みを生じる治療の場合は、麻酔を使用して治療を行いますので、痛みが不安な方はご安心ください。
麻酔も、表面に塗るタイプの麻酔を使ってから、麻酔注射を行います。電動注射で一定の圧で薬剤を注入しますので、痛みがさらに軽減します。

オゾン洗浄で感染予防

当院では治療中にオゾン洗浄を行っています。オゾン洗浄には、細菌の感染予防や術後の腫れを抑える効果が認められています。

治療効果の高いレーザーを使用

治療内容によっては、歯科用レーザーを使用する場合もあります。
レーザーには止血効果や殺菌効果、腫れや痛みを抑える効果があります。

小児歯科

怖くない診療で、健やかな成長をサポート

成長期のお子さまに対しては、将来に渡って健康な歯を保つためにも、定期的なメンテナンスが大切です。
当院では、「歯医者がこわい!」というトラウマを持たれないよう、お子さまを怖がらせないためのさまざまな工夫を行っています。

怖がらせない工夫

工夫その1 怖がらせない環境づくり

お子さまに楽しく遊んでもらえるよう、キッズスペースを設けています。
また、モニターでテレビを見ながらお話をしたり、器具や写真を見せながら丁寧に説明したりと、お子さまが怖がらないで治療を受けられるよう工夫しております。
お子さまが治療に向き合えるまで、無理に治療を進めることはいたしません。

工夫その2 保護者同伴OK

小学生以下のお子さまは、安心して診療台に上がれるよう、お母さまなど保護者の方に付き添っていただけます。
小学生以上のお子さまには、一人で診察台に上がれるように徐々に促していきます。一人で受診できるようになることで、お子さまに自信が生まれ、自立心が育ちます。

工夫その3 頑張った子にはプレゼント!

頑張って治療を受けられたお子さまには、プレゼントをお渡ししています。
「終わったら、プレゼントをあげるね」と伝えると、大抵のお子さまは頑張ることができますよ!
歯医者に来るのが楽しみになってもらえるようサポートいたします。

小児歯科で行うこと

虫歯にならないための予防治療

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質を強化し、酸で歯が溶けることを防いだり、歯の再石灰化を促します。

シーラント

虫歯にかかるリスクの高いお子さまには、「シーラント」をおすすめしています。
奥歯など虫歯ができやすい溝の部分をシーラントと呼ばれる樹脂で埋めることで、虫歯ができにくくなります。

保護者の方へのアドバイス

お子さまの歯と口腔内の健康を保つためには、日頃のブラッシングや生活習慣が大切です。
当院では、保護者の方に対して、正しいブラッシングや食生活のアドバイス、歯に悪影響を及ぼすクセの改善などについてご指導させていただいています。

 

予防、メンテナンスについては詳しくはこちらのページへ!

院長からのメッセージ

私は、地域の学校医もしており、小児歯科をとても大切にしています。
歯医者は、子どもの頃から始まり、お年を召されてからも患者さまとお付き合いできる、そんなすばらしい職業でもあります。しかし、実際のところ、乳児の頃から担当させていただいたお子さまを一生見守り続けるのは、なかなか難しいことです。

では、患者さまの一生のうち、どの時点で歯医者として関わることが一番重要なのか?

それは、やはり子どもの頃だと考えています。
乳歯が生え、永久歯に生え替わる頃から正しく検診・治療を行っていれば、成人してから歯のトラブルを起こす確率を減らすことができます。
また、噛むことは脳の発達にも大きな影響を与えています。そのお子さまの能力を最大限に引き出すためにも、歯はとても重要なのです。
一生使う歯ですから、子どもの頃から大切にしてほしい。
そんな願いから、お子さまと保護者の方を全力でサポートいたします。

歯医者ガイドバイオリン教室金子広明建築計画事務所
初診の方再診の方
メールでのお問い合わせ 初診の方 再診の方