予防歯科

初診の方はこちら
再診の方はこちら
tel02_sp.png
メールでのお問い合わせ

定期的なメンテナンスで「歯周病」を予防

歯が悪くなってから歯科を受診するよりも、日頃から定期的なメンテナンスを行って歯を健康に保つ方が、身体的にも経済的にも格段に負担が少なくなります。
特に成人の多くがかかる「歯周病」には、予防歯科が効果を発揮します。

予防歯科で行うこと

定期検査・メンテナンス

治療後、特に自覚症状がない場合でも、定期的に来院して検査やメンテナンスを行うことをおすすめしています。

目安

個人差はありますが、お子さまの場合は3カ月に1回。成人の場合、治療後は1カ月に1回、その後は3カ月~半年に1回の頻度が目安となります。

PMTC、スケーリング(歯石取り)

専用の器具を使用した歯のクリーニング(PMTC)や、歯にこびりついた歯石を取るスケーリングなど、毎日のブラッシングでは落とし切れない汚れをキレイに取り除きます。

CAMBRA 

お口の中には、【 むし歯を起こす力 】と【 むし歯を防ぐ力 】が働いていおり、この二つはは常にせめぎ合っています、

むし歯を起こす力が虫歯を防ぐ力を上回るとむし歯になりやすくなります。(このバランスは個人によって異なります。生活習慣などによっても変化します。)

CAMBRAは専用の質問票を用いて、あなたの「虫歯を起こす力」と「むし歯を防ぐ力」がそれぞれどのぐらいのものかを評価し、今そのバランスがどちらに傾いているか、むし歯になりにくい状態を保つにはどうしたらいいかお口の中の環境を教えてくれるツールです。

この数値をもとに、患者様、一人ひとりに合った健康な歯を目指します。

YAGレーザー 

レーザー歯科治療は、患者様にやさしい最新の治療方法です。

主に歯肉の切除や切開、歯肉炎の緩和、歯肉の黒ずみ除去、歯内治療、歯質強化、口内炎の治療などに使用します。

従来の治療方法に比べて痛みや不快感が少なく、治癒が早いな多くのメリットがあります。

・従来のスケーリングに比べると痛みが少ない

・歯肉を切開した後も傷の回復が早く、キレイに治りやすい

・治療にかかる期間が短くなる

 

 

咬み合わせの確認

咬み合わせが悪いことで、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなります。
当院では、咬み合わせが正しくできているかをしっかりとチェックいたします。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質を強化し、酸で歯が溶けることを防ぎ、歯の再石灰化を促します。

オゾン洗浄で感染予防

当院では治療中にオゾン洗浄を行っています。オゾン洗浄には、細菌の感染予防や術後の腫れを抑える効果が認められています。

歯周病について

歯周病とは?

歯周病は、プラークという歯の汚れ・細菌の塊によって引き起こされます。
歯を支える骨を溶かして、土台から根こそぎ駄目にしてしまう恐ろしい病気です。
歯を失うケースの半数以上が、この歯周病が原因であるといわれています。
大切な歯を守るために、正しい知識を持ち、生活習慣から見直す気持ちで、歯周病ケアに取り組みましょう!

あなたは大丈夫?歯周病チェック

  • 歯磨きのとき、血が出る
  • 最近、口臭が気になる
  • 起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎の色が赤や紫などになった
  • 歯茎から膿が出る
  • 硬いものを噛むと痛い
  • 歯がグラグラしてきた
  • 歯が長くなった(歯茎が下がった)
  • 歯が浮く

さあ、あなたはいくつ当てはまりましたか?
実は、ひとつでもチェックが入った方は、もう歯周病が始まっていると考えてください。早めに歯科医院を受診して、汚れを除去し、正しいケアを始めましょう。

歯周病の治療と予防

その1
基本中の基本〈正しい歯磨き〉

歯周病を引き起こすものとしては、喫煙、飲酒、ストレスなどさまざまな要因が考えられますが、最も大事なことは、食後に口の中の汚れをしっかり落とすこと、つまり「プラークコントロール」です。
食べ物や飲み物による汚れが口の中に残っていると、そこに細菌が繁殖し、虫歯や歯周病の原因になります。
歯の表面だけでなく、歯茎との境目や歯と歯の間など、歯間ブラシやフロスなどを使って、毎日しっかり汚れを落としましょう。

その2
歯科医院でのスペシャルケア〈定期健診〉 

どんなにしっかり歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは汚れを完全に取り除くことはできません。そこで、クリニックで口の中を定期的にお掃除し、歯石を取ることをおすすめします。
月に1度の定期検診が理想ですが、ご自身のセルフケアの状態によって間隔はさまざまですので、医師と相談しながらご自分のリズムで検診を受けましょう。

その3
中度から重度の歯周病の方へ〈歯周外科治療〉 

ほとんどの歯周病が基本治療で改善できるといわれていますが、炎症がある場合は歯周病外科治療を行います。
歯石の除去だけではプラークを取り除くことができないため、歯肉を切開して歯根を出し、歯石を除去します。
歯周病の進行具合によっては骨が溶けてしまうこともありますが、これを再生する技術がありますので、あきらめずに医師にご相談ください。

骨の再生療法

歯周病によって歯が溶けてしまったという重症の方に対しては、「骨(歯槽骨)の再生療法」を行っています。歯牙細胞を集めて骨を再生させるもので、治療後、平均半年から長い方で2~3年かけて骨が再生していきます。
治療は外科手術を伴い、適合できないケースもあることから、事前に十分なご説明をさせていただいた上で治療をおすすめします。まずは当院までご相談ください。

骨の再生療法 (保険適用外)80,000円(税抜)
歯医者ガイドバイオリン教室金子広明建築計画事務所
初診の方再診の方
メールでのお問い合わせ 初診の方 再診の方